fbpx

子育て生活応援住宅 子ども導線 × クルミエ

子どもをほめることと住まいづくりがとても深く関わりあっていることをご存知ですか?

毎日ほめてあげたいのに、
子どもに注意してばかりいませんか?
でも、もし
お片付けしたの?
と言う前に、
子どもが自分から
お片付けしたよ!
と言ってくれたら…。
うれしくて、子どもをたくさん
ほめてあげたいですよね。
大切なのは
“子どもが自分自身でできること”
そして
“できることを増やすこと”
そのためには
規則正しい習慣を
身につけること

がとても重要です。

大切な家庭教育の環境づくり

家庭で身に付ける!
規則正しい習慣

  • 家庭で身に付ける!規則正しい習慣
  • 子どもに身に付けてもらいたいことはたくさんあります。自分ひとりで「できたよ!」を増やすには、規則正しい「生活習慣」と「学習習慣」を決め実行させることが大切です。

家庭内にルールを作る

  • 家庭で身に付ける!規則正しい習慣
  • 住宅環境に、子どもにもわかりやすい具体的なルールを作ります。整理整頓などの「生活習慣」、宿題・復習などの「学習習慣」に「いつ・どこで・なにを」のルールを。

「いつ・どこで・なにを」は
リビングダイニングから

  • 家庭で身に付ける!規則正しい習慣
  • 子育て生活応援住宅では、リビングダイニングを中心に子どもたちを「規則正しい習慣」へ導く理想的な環境をご提案しています。詳しくはモデルハウスにて…。

大切な家庭教育の環境づくり

効率よく・続けやすい
子どもたちを
規則正しい習慣
導くための動線計画

リビングダイニングを中心に、
子どもの持ち物の収納場所や
学習場所を考えるプラン。
子どもの行動と持ち物に合わせて
「場所と収納」を配置。
子どもが効率よく
お片付けや整理整頓、学習ができ、
習慣化しやすいように配慮した
動線計画です。

子ども導線のプラン

家庭のルールをわかりやすく

  • 1

    靴をしまう

    玄関

    ただいまクローク

  • 2

    手洗いうがい

    玄関

    ただいま手洗い

  • 3

    ランドセルをしまう

    リビングダイニング

    ただいまクローゼット

  • 4

    連絡帳を出す

    リビングダイニング

    ただいまPOST

  • 5

    宿題をする

    リビングダイニング

    ただいまカウンター

  • 6

    遊んで片付ける

    リビングダイニング

    ただいまテレビボード

家庭のルールをわかりやすく

  • お客様の声1
  • お客様の声2
  • 宿題 → 片付け → 遊びの習慣が身につきました!

    CASE01
    収納と子育ての不思議な関係

    • Q1家の購入を考えたきっかけは?

      ご主人正直なところ、あまり計画的に考えていたわけではなく、当時住んでいた場所の近くにモデルハウスが出来たので見学してみたところ、とても気に入ってしまったんです。子どもも大きくなってきたし、そろそろ家を買ってもいい時期かな、と。

    • Q2「子ども導線」の説明を聞いたときの感想は?

      奥 様初めて聞いた言葉だったので、「そういうのがあるのね!?」って感じでした。子どもの行動パターンを考えて、家の中にちゃんと流れがつくられているのは、いいですよね。

      ご主人子育てのことが考えられた家のほうが親としても安心ですからね。でも、見学時には、とにかく収納の豊富さに目を奪われてしまった感じだったかな?

      奥 様「子ども導線」の良さを実感したのは、住み始めてからです。子どもが使いやすい収納って、大人も使いやすいですしね。

    • Q3お子さまのための「家庭のルール」はありますか?

      ご主人何をどこにしまうかは決めています。出したら片付ける習慣は身に付いたみたいです。

      奥 様あとは、帰ってきた時の手洗いとうがい、学用品の片付けですね。片付けないと遊べないということも習慣になりました。細々とした下着類などを仕分けして収納するのはまだ難しいようですが、何がどこに収納されているのかを理解できているので、必要な物を自分で出して持ってくることができるようになりました。

      ご主人ほかには、あまりきちんとしたルールは決めていません。ただ、「挨拶をする」といったごく当たり前の礼儀は身に付けてほしいと思っています。

  • 子どもへの注意が減りました!

    CASE02
    今度こそ納得!2軒目のマイホーム

    • Q1子ども導線になって、お子さんたちの変化は?

      奥 様お兄ちゃんは、前は言わないとできなかったことが、自然と自分でできるようになりました。友達が家に遊びに来ることも増えたんですよ。「前の家よりずっと好き!」と言ってもらえるので、本当に購入してよかったなと思いますね。

    • Q2パパ・ママが感じる「子ども導線」の印象は?

      奥 様最初に説明を受けた時は、「子ども目線って珍しいな」と思いました。家事のしやすさを考えたママ目線の家はよくあるけれど、意外にも子どもを主役にした収納って、他にはなかなかないんですよね。かゆいところに手が届くようで、ありがたい存在です。あと、友達が遊びに来た時に褒められます!特に「ただいま手洗い」は、玄関を入ってすぐにあるので「何これ?すごくいいね!」と、みんな興味津々ですよ。

      ご主人子どもたちが自然と使えていて、言われなくても手洗いや片付けができているのを見ると、本当に使いやすいんだと思います。暮らしてみて「こんな使い方もあったんだ」と新たに発見することもあったり。結局、子どもが使いやすい収納は大人も使いやすいんですね。

    • Q3マイホームを購入する方へのアドバイスは?

      ご主人「ここでいいや」と妥協するのではなく、「ここがいい」と思える家に出会えるまであきらめないでくださいね!あと内装に関して言えば、「こんなイメージにしたい」と思って家具やインテリアを決めるのではなく、良い家に出会えれば「今の家に合うものを決めよう」という目線になりますよ。そうすると乱雑にならず、空間の雰囲気を統一しやすくなります。

※他社で施工されたお客様の感想を参考とさせていただいております。

家庭のルールをわかりやすく

見学予約フォーム

お手数ですが必須項目はすべてご記入頂けます様、よろしくお願いいたします。

内覧希望場所[必須]

氏名[必須]
メールアドレス[必須]
電話番号[必須]
お問合せ内容

プライパシーポリシーを一読の上、下記の「同意する」にチェックを入れたのち送信してください。

「子ども導線」監修・アドバイザー 
家庭教育プロデューサー
酒井勇介

酒井勇介

株式会社 エデュピーチ 代表取締役
早稲田大学教育学部卒。1986年に大手出版社入社。乳幼児・児童教育のエキスパートとして営業スタッフの研修や商品企画を担当。 退社後、フリーの家庭教育プロデューサー、新聞学習プランナーとして全国各地で通算1,900回以上の講演やセミナーを開催。住友林業クレスト株式会社 教育住宅アイテム開発アドバイザー。

  • 内覧予約をする
  • カタログをもらう

福岡・佐賀での家づくりは
グループ4000棟実績
のある、私たちに
おまかせ下さい。

店舗紹介

どんな些細なことでも大丈夫です。
まずはお店でお話をしてみませんか?
そのお悩みきっと解決するはずです!