fbpx

2019.03.11

雑記

も~すぐは~るですね~♪

も~すぐは~るですね~♪
みなさんこんにちは!!
シアーズエステート用地課の小村です。
 
日中は暖かい日も増えてきて、
もうすぐ は~るですね~♪と口ずさみたくなる季節です。
 
春といえば桜ですよね。
あざやかな薄いピンクが美しく、春を感じさせてくれます。
今日は一足先に、お花見と桜について雑学をお届けいたします。
 
 
お花見は春の楽しみの醍醐味ですよね!
そんなお花見はどうして普及したのでしょうか??
 
実は、倹約令(けんやくれい)を出した徳川吉宗が庶民のうっぷんを晴らすため推奨させたといわれます。
※倹約令とは…簡単に言うと、政府が国民に「身分に合った節約をしなさい!」と命令した法律のようなものです。
 急にそんなこと言われても、と当時の庶民たちは困惑したことでしょう。。
 
そのうっぷんを晴らすため、お上の推奨のもと全国的に普及して現在に至ります。
アメとムチの統治といったところでしょうか。。笑
しかも、桜の花粉には吉宗の知ってか知らずか、
興奮作用のあるエフェドリンという成分が含まれていました。
 
だから人は、花見でどんちゃん騒いでしまうんでしょうね。その風景もまた風物詩なんですけどね。
まぁ、お上が認めたうっぷんを晴らす機会だったから仕方ないでしょう(^^)
 
また、学校で必ず桜を見ませんか?
これには歴史的背景があるんです。
第二次世界大戦時、日本軍は華々しく散りゆくことが美学とされていました。
 
今となっては決して良いこととはいえませんが、当時はそんな考えの頃です。
桜は咲いて華麗に散りゆく様と兵士の華々しく散りゆくことを重ねたんですね。
 
その精神を子供の頃から植えつける目的から学校に桜が植えられたといわれています。
そんな時代背景のもと学校に植えられた桜たちですが、そのおかげで卒業と入学、
仲間との別れと新たな出会いに花を添えてくれる存在として
欠かせないものになっています。
 
皆さんも今年の桜とお花見は、そんな背景で我々の身近な存在になったんだな、
と噛みしめながら楽しんでみてはいかがでしょうか?
 
私は、花より団子、いや、お酒ですけどね~♪
 

福岡・佐賀の戸建、建売、分譲住宅は
明るい未来がクル家「クルミエ」 小村 隆太郎 でした☆

シアーズエステートとクルミエの最新情報をゲットできる

SNS公式アカウントはコチラ

  友だち追加
  • 内覧予約をする
  • カタログをもらう

福岡・佐賀での家づくりは
グループ4000棟実績
のある、私たちに
おまかせ下さい。

店舗紹介

どんな些細なことでも大丈夫です。
まずはお店でお話をしてみませんか?
そのお悩みきっと解決するはずです!