fbpx

2019.05.11

家づくり豆知識

住宅しくじり先生 ~失敗しない家づくりのポイント~

住宅しくじり先生 ~失敗しない家づくりのポイント~

みなさん、こんにちは!

シアーズエステートの金澤です。

いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます。

春になったと思ったら、一気に気温が上がり「夏」を感じる季節になりましたね汗

 

そんな中、私事ですが、先日連休を使って沖縄旅行に行ってきました!

沖縄といえば・・・「沖縄そば」ということで、

とても美味しかった沖縄そば屋さんをご紹介します。

お店の名前は、「なかむらそば」さん。

恩納村という沖縄本島中心部にある沖縄そば屋さんです。

あおさが入ったそばもあったのですが、今回はノーマルの沖縄そばに。

コシたっぷりの麺と、鰹のだしが効いたスープは絶品です♪

ぜひ沖縄に行かれた際は足を運んでみてください^^

 

さて、今回は「住宅しくじり先生」と題して

失敗しない家づくりについて書きます♪

 

シアーズホームグループは、お陰様で創業以来、注文住宅を4000棟以上お引き渡しさせて頂きました。

その中で、今回は実際にシアーズホームの住宅に住んでいるオーナー様のお声として

「ここに気を付けておけば良かった!」

という3つのポイントをご紹介します。

 

1.コンセントの位置・数

意外や意外、コンセントの位置と数については、「失敗した」と思われる方が多いのです。

どのような部屋で、どの位置で利用するのかを検討しておかなければ満足を得ることはできません。

棚にコンセントが隠れてしまって必要な口数を確保できない」と、

長い延長コードを利用せざるを得ないことが挙げられます。

コードが見えるとどんなにオシャレな家具を置いても台無しですね(泣)。

このようなことにならないために、先に挙げた「どの部屋で・どのような家電を・どの位置で使うか」

きちんと予測をしておけば、住まい始めてから困ることは少なくなります。

2.収納のボリュームと位置

収納は、「多ければ多いほどよい。」というものではありません。

と言っても、充分なボリュームがないと、モノがあふれる、庭に倉庫を買わないといけない

ということになってしまい、せっかくの庭も狭くなって使えない、なんてことになってしまいます。

また、家族の様々な動線上に、適度な収納を置かないと取り出すのが面倒といったことになります。

最近、便利とされる収納の一つに、ウォークインクローゼットがあります。どこに何を収納するのか、を考えてることが大切です。

 

3.間取り・部屋の広さ

間取りや部屋の広さに、もっと工夫しておけばよかった。というオーナー様もいらっしゃいます。

この失敗は、家族がその部屋にいる時間や、その部屋の性質に広さが合っていない、動線とうまくマッチしていないということから起こりがちです。

眠るだけの寝室に広く空間を取りすぎてしまうと、その他のスペースが犠牲になります。

複数人いる小さなお子さまが、いずれ自分の部屋を持ちたいと願うことを前提に、最初からお子様に広く快適な部屋を用意してしまうと、部屋にこもるのが当たり前として育ってしまうかもしれません。

また部屋の広さは、冷房・暖房といった光熱費にも大きく響きます。流行の吹き抜けの広々リビングは、どうしても冷暖房の効率が悪くなってしまうことから、慎重に考えたい場所です。

問題を回避するには、「誰が・どこに・どのくらいの時間いるのか」をじっくり検討することが必要です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

住宅しくじり先生というテーマでお伝えしてきましたが

当社のクルミエは、注文住宅にお住まいのお客様の声を集め、活かした住まいを提案しております。

■コンセントの数・位置

■ご家族分の現在・未来を見据えた収納量・位置

■家族の動線を考えた間取り

特にこの3ポインはこだわりを持っています♪

https://kurumie.co.jp/kodate-tateuri/fukuoka/

ぜひ見学にお越しください♪

 


福岡・佐賀の戸建、建売、分譲住宅は
明るい未来がクル家「クルミエ」 金澤 哲でした☆

シアーズエステートとクルミエの最新情報をゲットできる

SNS公式アカウントはコチラ

  友だち追加
  • 内覧予約をする
  • カタログをもらう

福岡・佐賀での家づくりは
グループ4000棟実績
のある、私たちに
おまかせ下さい。

店舗紹介

どんな些細なことでも大丈夫です。
まずはお店でお話をしてみませんか?
そのお悩みきっと解決するはずです!