fbpx

2019.05.05

不動産豆知識

不動産豆知識【おまけ②】

不動産豆知識【おまけ②】

          こんにちは。

    新元号になりましたね。 シアーズエステートの前田です。

今回は、不動産売買時に用いられる資料で『確認済証』をご紹介します。

  確認済証とは、建物の建築前に行われる「建築確認」で、

   建築の計画が関連法令などに適合すると確認されたことを証明する書類のことと言われています。

  「建築確認」は、建物の設計や敷地配置などの計画が建築基準法などに適合しているか、都道府県

   または市町村の建築主事や指定確認検査機関による確認を受ける手続きのことです。

   これによって、建築基準法などの法律に不適合な建築物が建設されるのを防ぐことを目的としています。

       つまり、建物が建つための第一歩ですね。

   また、確認済証が交付されるまでは建築工事に着手できません。(ご注意!!)

   同時に、一戸建てやマンションなどを販売する場合、不動産会社等は確認済証が交付されるまでは

   不動産広告をしてはならないと定められています。

 

    ところでみなさま、「令和元年」には

   慣れられましたでしょうか?

   ぜひ、近いうちに「梅花の宴」が行われたとされる「坂本八幡宮」に行ってみたいと

   思っています。

   その際は、ご報告をさせて頂きますので乞うご期待ください。


福岡・佐賀の戸建、建売、分譲住宅は
明るい未来がクル家「クルミエ」 前田 浩一でした☆

シアーズエステートとクルミエの最新情報をゲットできる

SNS公式アカウントはコチラ

  友だち追加
  • 内覧予約をする
  • カタログをもらう

福岡・佐賀での家づくりは
グループ4000棟実績
のある、私たちに
おまかせ下さい。

店舗紹介

どんな些細なことでも大丈夫です。
まずはお店でお話をしてみませんか?
そのお悩みきっと解決するはずです!